多汗症 可能性

多汗症について

多汗症,可能性

ワキのニオイに関係する「似て非なるもの」の病気、それがワキガと多汗症です。
ワキガは強烈なワキのニオイを放つ病気で、多汗症は人よりも発汗しやすい病気です。

 

ニオイの原因となるバクテリアは汗を餌に繁殖しますから、大量に汗をかく体質だとワキのニオイも強くなる傾向があります。

 

ただし「多汗症=ワキガ」ではありませんし、しょっちゅう汗をかいていてもワキガ体質でなければ必ずしてもワキのニオイが強いとは限りません。
厳密に言えばワキガの場合、ニオイと強く関わっているのはアポクリン汗腺で、多汗症体質の方の汗は主にエクリン汗腺から分泌されます
エクリン汗腺から大量に汗が出ても、アポクリン汗腺から分泌されるネバネバした衣類に黄ばみをつくる汗とは違いますし、汗はワキ限定ではなく全身から発汗する点でも事情が違います。

 

もちろんワキガで多汗症、と2つの病気を同時に併発している場合、ワキのニオイはよりきつくなりますし医療機関でも治療が勧められる筈です。

 

たかが汗、と治療の必要を感じない方もいらっしゃるかも知れませんが、常に大量の汗をかく多汗症患者さんは車や自転車の運転中も手袋が手放せなかったり、女性の場合メイクがすぐに崩れてしまって外出自体辛く感じたり、日常生活を健やかに送ることも難しくなる恐れがあります。

 

常にポタポタと汗が垂れ、テーブルや椅子を汚してしまうことに精神的プレッシャーを感じている多汗症患者さんも多く、「握手もきついし、触るもの全て汗で濡らしてしまうので、周りの目も気になる」とうつ状態になってしまうケースもあるようです。


多汗症の可能性について関連ページ

ワキガの可能性
もしご自身のワキガの可能性を疑った場合、どうすればよいのでしょうか。
ワキのニオイを手術で治す完全摘出法
医療機関では手術により腺を除くことも可能です。その一つ完全摘出法についてご説明しています。
ワキガの最先端治療「ミラドライ」
ミラドライは、マイクロウェーブでアポクリン腺、エクリン腺を壊すことで、皮膚にダメージを与えることなく汗腺だけを破壊することができる方法です。
小さな傷痕で済む「レーザーシェービング法」
レーザーシェービング法とはレーザーを使用してアポクリン汗腺を取り除く治療方法のことです。
ワキのニオイを食い止めるボトックス注射
アンチエイジング治療として名の知れているボトックス注射でもワキのニオイを抑えることができます。